お電話によるお問い合わせ番号

Home

株式会社設立 豆知識

定款

定款の附則の章に記載する内容

お問い合わせ

定款の附則の章に記載する内容

株式会社の定款の「附則」の章には、一時的な規定や経過措置のような規定など、将来不必要となるようなものが記載されます。

附則の記載例

原始定款で、附則に定めるものには、以下のようなものがあります。

  1. 定款に必ず記載しなければならない絶対的記載事項(会社法第27条)
    • 設立に際して出資される財産の価額又はその最低額(第4号)
    • 発起人の氏名又は名称及び住所(第5号)
  2. 定款に記載することで、法的な効力を持つ相対的記載事項
    • 現物出資、財産引受、発起人の報酬等、設立費用等(同法第28条)
  3. その他の記載事項
    • 設立の際の株式発行事項(同法第32条)、最初の事業年度、発起人が引き受けた株式数、準拠法など
    • 発起設立の場合の設立時役員(同法第38条第2項)など

そして、定款の最後に、発起人全員が署名、又は記名押印して(同法第26条第1項)、定款は完成します。

定款の記載例

(設立に際して出資される財産の価額及び成立後の資本金の額)
第○条 当会社の設立に際して出資される財産の価額は、金100万円とする。
2  当会社の成立後の資本金の額は、金100万円とする。

(最初の事業年度)
第○条 当会社の最初の事業年度は、当会社成立の日から平成○○年○月末日までとする。

(設立時取締役等)
第○条 当会社の設立時取締役は、次のとおりである。
   設立時取締役  ○○○○

(発起人の氏名ほか)
第○条 発起人の氏名、住所及び設立に際して割当てを受ける株式数並びに株式と引換
  えに払い込む金銭の額は、次のとおりである。
   東京都○○区○町○丁目○番○号
    発起人  ○○○○  10株 金100万円

(法令の準拠)
第○条 この定款に規定のない事項は、すべて会社法その他の法令に従う。

以上、○○株式会社設立のためこの定款を作成し、発起人が次に記名押印する。
  平成○○年○○月○○日
      発起人   ○○○○   (印)

株式会社設立のことなら、専門の行政書士にお任せください!!

専門家に依頼する方が安く株式会社を設立できる場合があることをご存じでしたか?

次のコンテンツへ

株式会社の設立には法定費用として、定款に貼る印紙代4万円と公証人手数料5万円、登録免許税15万円他の計24万円以上が最低必要になります。

次のコンテンツへ

当事務所のコストダウンプランをご利用いただくと、お客様がご自身で手続きをされるより、18,400円も安く設立することができます。

コストダウンプランについて詳しく

ご依頼いただくメリット

低コストで株式会社を設立
電子定款作成により印紙代4万円を節約することで、設立コストを削減できます
営業の許認可が必要な場合も安心
営業の許認可イメージ
各種許認可の取得は行政書士の専門分野ですから、会社設立から許認可まで、ワンストップ・サービスで承ります。
会社設立と許認可取得をあわせてご依頼いただくと、サービスパック料金が適用されるのでお得です。 詳しく
書類作成に取られる時間を節約できます
専門の行政書士が迅速かつ適切に必要書類を作成して、スムーズに株式会社を設立します
事業ツールのこともご相談いただけます
事業展開に必要なホームページなどのコミュニケーションツールについても無料で相談いただけます。大手広告代理店出身の行政書士だからできるサービスをご提供します。
お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。こちらから
行政書士マーク
当事務所は法人設立専門の行政書士事務所ですから、
安心してご依頼いただけます!  行政書士とは

株式会社設立サポートメニュー

らくらく設立プラン
機関設計や定款の内容をじっくり吟味して、手続すべてを専門家に代行させるプランです。
らくらく設立プランへ
コストダウンプラン
電子定款の作成のみ代行させるプランです。とにかく安く設立したい方にお勧めです。
コストダウンプランへ
許認可取得サービスパック
お得な「株式会社設立+許認可取得」のサービスパック料金適用のプランです。
許認可取得サービスパックへ

株式会社 および その設立の豆知識

専門サイト

矢印
PageTop