お電話によるお問い合わせ番号

Home

株式会社設立 豆知識

株式会社設立 Q&A

お問い合わせ

株式会社設立 Q&A

会社の商号の類似商号調査とは何ですか。

なぜ、専門家に依頼した方が安く設立できる場合があるのでしょうか。

電子定款の作成は、だれでもできるのですか。

役所に提出する印鑑証明書はだれの分が必要ですか。

合同会社と株式会社はどこが違うのですか。

株式会社設立を専門家に代行させるときに本人を確認できる書類を要求するのはなぜですか。

会社の商号の類似商号調査とは何ですか。

新会社法が施行されるまで、同一市町村内で同一の営業目的の場合、同一商号または類似する商号では登記することができませんでしたが、新会社法の下では登記することができるようになりました。
したがって、本店を設置する住所に、既に同じ商号の会社が存在しないない限り、登記をすることができます。

現地を下見して、本店設置場所を決められるのが通常ですから、同一住所に同一商号の会社が存在することは、まず、ないでしょう。
よって、類似商号調査は不要となります。

ただし、登記はできたとしても、既に近隣で類似の商号で同一事業を営む会社があった場合、不正競争防止法等を根拠に損害賠償や商号使用の差止め請求をされる可能性も否定できません。
そこで、念のため、類似商号調査をしておかれることをお勧めいたします。
類似商号調査は、本店を置く予定の住所を管轄する法務局で調べることができます。

なぜ、専門家に依頼した方が安く設立できる場合があるのでしょうか。

よく行政書士などの専門家に依頼する方が安く設立でき場合があるといわれています。
それは、株式会社設立に必要な定款を作成する際に、紙の定款ではなく電子定款で作成するからです。
電子定款で作成した場合には、定款に貼付する収入印紙代4万円を節約できまるので、設立費用が安くなるのです。

電子定款について詳しく

電子定款の作成は、だれでもできるのですか。

電子定款はどなたでも作成することができます。
電子定款を作成すると、通常の紙の定款に比べて、定款に貼付する印紙代4万円が不要になるので、大きなメリットががあります。

しかし、パソコンのワープロソフトで作成しただけの電子データの定款では、電子定款といえず、電子データの定款に電子署名をして初めて電子定款となります。
電子署名をするには、専用ソフト等を準備する必要がありますし、その費用だけでも、印紙代を節約できた4万円を超えていまします。
したがって、1社だけ設立するために電子定款を作成するのは、現実的ではありません。

ページのトップへ

役所に提出する印鑑証明書はだれの分が必要ですか。

まず、公証役場で公証人に定款の認証を受ける際に、発起人全員の方の印鑑証明書が1部づつ必要になります。

次に、法務局で設立登記申請を行う際に、取締役会を設置しない場合は、取締役になる方全員の印鑑証明書が1部づつ必要になり、取締役会を設置する場合は、代表取締役になる方の印鑑証明書が1部必要になります。

合同会社と株式会社はどこが違うのですか。

合同会社は株式会社に比べて、自由度の高い組織が特長です。
合同会社では、広範な定款自治が認められるので、定款で定めることにより、利益の配当を出資比率ではなく独自の基準で行うこともできます。
他方、株式会社の場合、利益の配分は出資した金額の割合によって決まります。

次に、設立手続きですが、合同会社では株式会社の場合に必要な公証役場での定款認証の手続きが不要であり、設立手続きが簡易です。また、登記申請の登録免許税も安くなっています。

さらに、合同会社は新しい法人形態ですから、知名度が株式会社に比べて低いという違いがあります。もっとも、欧米では主流の会社形態となっていることや、日本でも2009年に西友が合同会社に移行していること等から、今後は成長していくかもしれません。

株式会社と合同会社の比較

株式会社設立を専門家に代行させるときに本人を確認できる書類を要求するのはなぜですか。

犯罪収益防止法により、本人の確認を義務付けられているからです。
お手を煩わしますが、ご協力をお願い致します。

ページのトップへ

株式会社設立のことなら、専門の行政書士にお任せください!!

専門家に依頼する方が安く株式会社を設立できる場合があることをご存じでしたか?

次のコンテンツへ

株式会社の設立には法定費用として、定款に貼る印紙代4万円と公証人手数料5万円、登録免許税15万円他の計24万円以上が最低必要になります。

次のコンテンツへ

当事務所のコストダウンプランをご利用いただくと、お客様がご自身で手続きをされるより、18,400円も安く設立することができます。

コストダウンプランについて詳しく

ご依頼いただくメリット

低コストで株式会社を設立
電子定款作成により印紙代4万円を節約することで、設立コストを削減できます
営業の許認可が必要な場合も安心
営業の許認可イメージ
各種許認可の取得は行政書士の専門分野ですから、会社設立から許認可まで、ワンストップ・サービスで承ります。
会社設立と許認可取得をあわせてご依頼いただくと、サービスパック料金が適用されるのでお得です。 詳しく
書類作成に取られる時間を節約できます
専門の行政書士が迅速かつ適切に必要書類を作成して、スムーズに株式会社を設立します
事業ツールのこともご相談いただけます
事業展開に必要なホームページなどのコミュニケーションツールについても無料で相談いただけます。大手広告代理店出身の行政書士だからできるサービスをご提供します。
お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。こちらから
行政書士マーク
当事務所は法人設立専門の行政書士事務所ですから、
安心してご依頼いただけます!  行政書士とは

株式会社設立サポートメニュー

らくらく設立プラン
機関設計や定款の内容をじっくり吟味して、手続すべてを専門家に代行させるプランです。
らくらく設立プランへ
コストダウンプラン
電子定款の作成のみ代行させるプランです。とにかく安く設立したい方にお勧めです。
コストダウンプランへ
許認可取得サービスパック
お得な「株式会社設立+許認可取得」のサービスパック料金適用のプランです。
許認可取得サービスパックへ

株式会社 および その設立の豆知識

専門サイト

矢印
PageTop